己龍/月下美人

相克スル螺旋

己龍


word: 九条武政 music: 黒崎眞弥

『月下美人』収録

  
        

籠の夜は明けぬ 掻き切られた頚
泥濘の跫音 佇む白い影

また一人 消える

錆びた金属音
寄らば喰らう闇は奈落の底

だらりと下げた両腕 白いワンピースの女は
腰まで伸びた長い黒髪を絡ませ
爪の剥がれた指先は不揃いに浮腫んでいた

墟の招きは渦に
黒猫の間延びする残響

呻く軋みを金切り 喰らい合い引き裂いた
喘ぎ 剥がし 剥き出す 臓腑を
掴み 潰し 引き摺る 声

「うしろの…」

歪む砂嵐 縁取る輪を這い
落ちた天袋 終わりの始まり

二つの怪音が
螺子巻き 鼓膜を突き立てる

垂れ下がる黒に裂き赤く濁る呪の災禍
嗄声する四肢に裂き身を捩じる漆喰の怨

どろりとした猫の鳴き声 四つん這いの女は
滲み出る自らの血に手や足を滑らせ
何度も顔面を打ち付けては血の泡を吐き流す

呻く軋みを金切り 赤黒く呑み込み合う
飛散し 蠢き 脈動に溶け爛るは

拝啓、井底の宵

融け合う怨嗟は這い出づる

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧