己龍/月下美人

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『月下美人』収録

  
        

手と手を合わせ頂きましょう 泣き喚く蟲を宥めましょう
私の欲をべとべとべとべと…
乾き切った舌の根を潤す貴方は正に馳走

手と手を合わせ 舌を這わせて 泣き叫ぶ声を飲み干して
私の愛をべとべとべとべと…
乾き切った心を涙で潤す貴方は正に馳走

骨まで残さずに武者振り付いて
残り香帯びた皿を見つめ 貴方を浮かべ舐め回す

一つになって二つと無い幸を噛み締めて
喘ぐ其の声は仄甘く
一人になって二人きりの愛を噛み締めて
蟲が「おかわり」を強請り出す

目と目を合わせ 頬を赤らめ 喉が眉唾を生唾に
べとべと…どろどろ…ぐちゃぐちゃ…べちゃべちゃ…びちゃびちゃ…ごくり…
疼いた喉を潤す貴方は正に馳走

頭蓋を盃に 愛に酔いましょう
舌先で舐る 両の眼 その景色は何色でしょう

愛を濁らせた虚言の口を削ぎ落して さぁ、 頂きましょう
骨身に沁みた愛の味

満たされぬが故に貪り続け舌の根が腐り出した頃

「私を食べて」
熟れた愛は腐臭の愚物
「私を食べて」
熟れた愛は俘囚の汚物

「温かいうちに召し上がれ」

・スネ暦ソスの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧