LACCO TOWER/薔薇色ノ怪人

悪人

LACCO TOWER


word: 松川ケイスケ music: LACCO TOWER

『薔薇色ノ怪人』収録

  
        

黒の中の黒から降る真っ黒の雨
絶望家の午後に 無粋(ぶすい)な色を殴る

日々は枯れ ヒビで割(さ)かれ 霞む優しさよ
誰が為 影に隠れ 声溜めに沈む

笑えない 僕は悪い人?

「感情-(マイナス)感傷」が もう嫌なんだって叫んでる
本性は 乱反射して 胸でラッタッタ踊り狂う

絶体絶命寸前で まだ「病んだ」なんて笑ってる
「本当」は 次々死んで 悪人は今日も優しく眠る

本能の中で眠る善と悪の姫
かじった林檎で「お仕舞い」なら楽なのに

ひび割れて 響かぬまま 霞む優しさよ
誰の為 誰を守り 誰を傷つけた?

独りでも 大丈夫なのに
心では「誰か 手と手 合わせて」なんて祈るよ

「世間体(ワル)真実」が ほら小っさいまんま叫んでる
本性は 諸手(もろて)をあげて 胸でパッパッパ手を叩く

絶体絶命寸前で 「どうやんだ?」なんて泣いている
「純粋」は 次々死んで 悪人は今日もまた震えてる

「感情-(マイナス)感傷」が もう嫌なんだって叫んでる
本性は 乱反射して まだラッタッタと踊っている

「世間体(ワル)真実」が ほら小っさいまんま叫んでる
「後悔」は 次々増えて 悪人は今日も震えて眠る

「等身大(ワル)真実+(タス)感情」で声を張り上げる
「本当」は 次々死んで 悪人は今日も優しく眠る


LACCO TOWERの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧