己龍/私ハ傀儡、猿轡ノ人形

故人花トシテ

己龍


word: 九条武政 music: 九条武政

『私ハ傀儡、猿轡ノ人形』収録

  
        

灯篭が下りて 帰途を忘れ
不甲斐なく天を仰ぎ 息を止めて歩いた
水下下らぬ 一世悼む
容易く そして散った 天に足掻く花よ

不躾に豁然を説く 冷ややか「現」推し量る
情念嘯き殺むは 仮初の倖

不意に抜けた 条理跳ねて こころ裂けた 訃音兆し
白衣の老婆が 手を招いて 沈む夕日が 僕を笑った

あえかに咲く花よ
僕にも羽ばたく強さを

灯篭が下りて 帰途を忘れ
不甲斐なく天を仰ぎ 息を止めて歩いた
水下下らぬ 一世悼む
容易く そして散った 天に足掻く花よ

ぼくと あなた わたし きみと ぼく あなた
ぼくと あなた 落ちて 巡る

灯篭が下りて 帰途を忘れ
不甲斐なく天を仰ぎ 息を止めて歩いた
少しあと少し 願い馳せた
悔やみて共に気付く 生きる事の辛さを

ぼくと あなた わたし きみと ぼく あなた
ぼくと あなた 落ちる 堂々巡り

灯篭が列なり 声を上げた
絵空なる面を跨ぎ 息を止めた葬列

少しあと少し 願う人よ
道連れた涙に見た 貴様らの醜さ

待ち焦がれた先に さらばえてと透ける
大切なものに気付き 心が溶けていく

やがて花は風に生し空に消えていく
不甲斐なく天を仰ぎ 疑心と共に問う
人の幸のあるべきを

所詮人は人を忘れていくものであり、

孤独の中で夢や幻想をおいかけていくものだ。

生きる事は辛く苦しい。

だから、せめて…それならば…。

ああ、今日もまた灯篭が下っていく。

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴