己龍/夢幻鳳影

丑刻参

己龍


word: 黒崎眞弥 music: 九条武政

『夢幻鳳影』収録

  
        

温風に揺らぎ 張り付きし頬の
乱れ髪ゆらぁり 目隠し
糸車かたりかたり 紡ぎ音も途絶え
引いても応えぬ 手繰り虚

気紛れの蛍 此の身とまれど
見知らぬ影へと 灯篭揺らし

待てど暮らせど来ぬ人を唯只管に
宵待草…其れでもいいと
所詮は想詩、葬哀 其れでも

「…倖せだったのに」

糜爛裂き石榴 此の身腫らせど
泥濘る執念を 撥ねるは蛙

あな哀しき いと憎しや あな悔しき いと怨めし

逸そ四肢?ぎて 両の耳削ぎ
刳り貫き眼に 舌ちょん切ろか

あな哀しき いと憎しや あな悔しき いと怨めし
いと憎しや いと怨めし いとど憎き いとど怨めしや

汚れつちまつた悲哀の海に溺るる
棄てるのなら跡形も無く切り刻んでよ
物云わぬ背に紫煙の燻りも…

待てど暮らせど来ぬ人を唯只管に
宵待草…其れでもいいと
所詮は想詩、葬哀 夢見たる成れの果て

温風は頬撫で殊更に煽り 打ち付け濁月夜
待つ身の口惜しさ故

鬼と化す心よ

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧