アルルカン/価値観の違いは唯一の救いだった

リビドー

アルルカン


word: music: 奈緒

『価値観の違いは唯一の救いだった』収録

  
        

見つめる視線の先には今日の品定め
アレコレ恥じらう事もない
さぁ、はじめましょう。

涎る口元の火照りごと
舐めとってあげる
指咥え観てるだけなんて

残さず頂戴 奥の奥まで
欲しがれよ本能 曝け出せ衝動

誤魔化せやしない渇いた夜に
「もし残されるならただの使い捨て」

満たされない満たされない
鼓膜に響く程に強く欲しい
満たされない満たされない
赤く滲む程 跡を残して
首に縄を付ける様な状況の中で気付く
もはや抑えられぬ程 この時間が愛おしい

残さず頂戴 奥の奥まで
欲しがれよ本能 曝け出せ衝動

誤魔化せやしない渇いた夜に
「もし残されるなら僕も使い捨て」

残さず頂戴 奥の奥まで
欲しがれよ本能 曝け出せ衝動

誤魔化せやしない渇いた夜に
「もし残されるならただの使い捨て」

アルルカンの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴