メガマソ/天使崩壊

削り氷にあまづら入れて

メガマソ


word: 涼平 music: 涼平

『天使崩壊』収録

  
        

俯いた顎、滴が萌ゆる口の端は光っていた。

古ぼけた夜道の、すっとぼけた灯りたち、寝ぼけた僕、はっと目覚める。
幻想的な夜道の、抒情的な灯りたち、それは君のせいだ。

君の髪に挿した簪の音、涼やかに僕に響いた。

真夏に君が作りだす世界、僕は直視できない。
眩しい君のそのシルエット、夏氷差し出し、覗く。

「もしも僕が君の恋人だったらって、想像したことがあると思う?」
そんな軽口だって、空想でしか言えないよ。
絶対君は笑う。

君が口に運ぶ氷を見たら、しろしろと僕も溶け出す。

僕は夢見る、君を。
僕が誘って、手をつなぐ。

真夏に君が作りだす世界、僕は直視できない。
眩しい君のそのシルエット、夏氷差し出し、覗く。

どこかで、運命よ間違えてくれよ、僕はまだ夢見てる。
きっと次の人生で、もっと君と近くなる。
一緒に氷、食べている。

メガマソの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴