LIPHLICH/CLUB FLEURET

LIPHLICH


word: 久我新悟 music: 進藤渉 久我新悟

『CLUB FLEURET』収録

  
        

underground imagination is so bored

夜毎めくるページの中で ある夜青いケモノ見つけた
ファンタジーのものが浮き出る 甘美の時間
64のページに潜む 悪魔のツノ サイコロを振る
ただ待つだけ 運命の時 這い寄る影

毒々毒々毒々と脈々脈々脈々と

最終章から飛び出した
文字達に支配される
孤独の世界を統べ始める

嫌な文字の無機質な列 過食拒食繰り返す脳
今も吐いて吐いて吐いて食べて吐いて吐いて食べて吐いて吐いて吐いて食べている
未ださまよえる世界さ

underground imagination is so bored

ここは出口のない 書の庭のミド
心躍らせる夢書巻が 雑踏を殺して私の世界になる
ここは出口のない 書の庭のミド
心躍らせるこの幻覚が 視界を奪い去って果てなく自由になる
ここは出口のない 書の庭のミド
心躍らせる死の召喚で 最初で最後の 結末へ 結末へ 結末へ飛びたい

最終章から飛び出した
文字達に支配される
最終章はもう白紙
文字達がいなくなった

LIPHLICHの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧