己龍/情ノ華/朧月夜

朧月夜

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『情ノ華/朧月夜』収録

  
        

幼心に突き刺さり抜けず腐り始めた歪な影
幼き日眼裏に返しても イタイイタイ
浅き夢と見る事も出来ずに深みに嵌る歪な影
幾夜心変わりを重ねても まだ…
闇を撫でる手が花弁を毟る 咲いて散れば粘ついて香る
蕾を貪る夢重ね合わせ現に微睡む朱い朧月夜
泣き叫ぶ声が耳に刺さり痛むから
捩り込み塞ぎましょう 生温い肉の味
闇に落とす手が花弁を毟る 裂いて散れば色付いて艶る
憂いを貪る夢重ね合わせ現に微睡む宵の花
偽り無き愛であれど悟られぬ様に喉鳴らす
優しき面の皮の下 卑しき欲の化けの皮
薄皮一枚剥ぎ取れば猥りに淫ら
心壊してしまわぬ様に匣に詰め蓋をしましょう
無垢を染めるその悦楽は猥りに淫ら
幼 腐 蕾 咲 夢 睡 宵
痛 貧 剥 淫 溺 朱 朧
闇夜に花を咲かせましょう 真っ赤に染まる宵の月
指先舌先で触れれば猥りに淫ら
露に塗れて溺れましょう 表と裏の絶と悦
痛みが色付き始めれば猥りに淫ら
闇を纏う手が花弁を毟る 彩て散れば泣き付いて跳ねる
夢想を貪る夢重ね合わせ現に微睡む指折り数え

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴