vistlip/It

It

vistlip


word: music: 瑠伊

『It』収録

  
        

街が壊れる音で、誰かが悲鳴を上げて、そんなアラームで飛び起きる。
“最高”の朝です。

ボロなどは出さないで。
絶対に負けない“憧れ”。
アニメで得た知識、それによれば夢を与える存在です。

「僕が倒れ込んだら代わりなど居ないよ。」
そうやって云い聞かせてあげないと。
痛い思いをしたくなくて立ち上がれそうにない。

(Once you decided.)
「やれ!」と「殺れ!」の間で罪と罰を割り振れば、平等に死を与える殺し屋になれそうだ。
何時しか悪が滅びるのなら僕が一番に君を認めよう。
語り継がれるのが別人の“ヒーロー”だとしても。

酷い素顔は自分だけが笑顔に出来る。
また泣けて来て僕は今日も仮面を被った。

There's no time like the present.

正体不明の“中身”には名などいらない。
潔く「それ」と呼べ。

何時しか悪が滅びるのなら僕は御払い箱になるけれど、ガッカリさせない様に最後までカッコつけてやろう。

vistlipの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴