Royz/ANTHEM

ユメクイ

Royz


word: Royz music: Royz

『ANTHEM』収録

  
        

微睡む朝が嫌いになるね
ずっと冷めない微熱にうなされていいから
夢を見ていたい

知らない僕を連れ出す君は
いつもずるいね
眠る前 惜しくなって
窓硝子 一言 指で描く

いま夢籠の中 二人きり
覚めないように体温感じる距離で
いま君は誰の夢を見てる
今日も言えなかったんだ

疲れた時に 君を困らせた
がんばったねと一言が欲しかった
それだけで それだけでよかった

僕の君で居てほしいなんて
言えるはずもなく 今日も飲み込むんです
きっと朝になれば見えないから
窓に指で夢を描く

涙隠さぬ暁月は
君の方を振り向けない
戻るならどこに戻ればいい
せめてこの夜で止めて

いま夢籠の中 二人きり
覚めないように体温感じる距離で
いま君は誰の夢を見てる
今日も言えなかったんだ

もっと勘違いしてしまうその前に
微熱の夜 連れて行って ユメクイ
きっと朝になれば見えないから
窓に指で夢を描く

Royzの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴