DIAURA/VERSUS

遠い春

DIAURA


word: yo-ka music: 佳衣

『VERSUS』収録

  
        

通い慣れた桜並木にまた春が来て
硝子越しの二人の恋も薄紅に揺れる

青い罪と許されるほど容易くはない
暗く長いトンネルにまだ光は見えず

眠りに就く度に怯えていたよ
近付く足音が止まるその時を

さよならは言わないで
諦めを覚えてもあなたの手は離さない

桜散る夜、夢ひとひら

…離さない

綴られた言葉はまだ生きているよ
祈り続けていた あなたの未来で

さよならは言わないで
諦めを覚えてもあなたの手は離さない
さよならも言えぬままで
閉ざされた硝子の向こうへとあなた消えていく

突き刺さる眼差しが二人を引き裂こうと
それでもね、逃げも隠れもしないわ。
許されぬ過ちを共に背負うと決めた日から
二人の道は定まっていた

さよならは言わないで
諦めを覚えてもあなたの手は離さない
さよならも言えぬままで
あの頃と同じ桜の下、あなた思い出す

涙散る夜、愛ひとひら

DIAURAの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴