DIAURA/VERSUS

ロストチャイルド

DIAURA


word: yo-ka music: yo-ka

『VERSUS』収録

  
        

荊の扉に阻まれた僕達は
終わりを目の前に何を為せばいい?
見上げた夜空に降り注ぐ悲しみに
抱かれたままで彷徨う

「何かを得る為には、何かを犠牲にするの。」
そうやって僕らは成し遂げて来たのだろう
その裏側に倒れた希望さえ踏みつけて

荊の扉に阻まれた僕達は
誰もが未完の未来で繋がってる
孤独な時代に 降り積もる悲しみに
囚われたままで 今も

いつだって僕らは傷を増やすばかりで
その痛みから目を背け続けた
そして最後まで

荊の扉に阻まれた僕達は
I kept myself hiding my heart
孤独な時代に降り積もる悲しみに
Everything returns to white

荊の扉に阻まれた僕達は
終わりを目の前に何を為せばいい?
見上げた夜空に降り注ぐ悲しみに
抱かれたままで彷徨う

DIAURAの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴