Silhouette from the Skylit/WIRED

Lesson of March

Silhouette from the Skylit


word: SeshiroX music: SeshiroX/Rockwell

『WIRED』収録

  
        

その男はこう呟いた「別れが惜しい友はいるか?」
「言葉なき想いというのはないものと同じ」
「いらない世話かもしれないが、付き合え」と言いグラス置いた
戸惑いながら不思議なほど他人と思えなかった

「別れを惜しむ友はいるか?」繰り返し男は訪ねた
上から物言う男だがとりあえず大人しく聞いた
「およそわだかまりというのはお前の頃は多いものだ」
「簡単にぶつかる代わりに解くも簡単なものだ」

「ところが、厄介なことには、少し時間を置いたくらいで」
「煮詰めた鍋底の焦げのよう、いつしか頑固にこびりつく」
「そうなったら最後、自然に風化するまで永遠に」
「待ち続けてお前は毎年3月に胸痛めるのさ」

『でも僕はそんな様な大人にはならないさ』
何も知らないで僕は刹那、返す刀で吠えていたんだ

どうして望んでもないのに
文字通り心を無くして、時間だけが加速続けて
世界はもはや手狭なのに
1秒と要らぬ仮想距離を今日も埋める術持てないでいる

「俺のようにある時堪らなくなるのさ」
「このままあっという間に人生詰むんじゃねえかって」
今になって鮮明に埃の匂いと共にその男の言葉が蘇る

(* back chorus)
You never want it that way. You never want it ending.

「だからいいか、肝に銘じろよ」
「怒れることは怒っておけ、謝る事は謝っておけ」
「最後は固く握手をしな」
「必ず再会を誓って、互いに肩叩き合ってな」

白状するが僕は“そんな大人”になっちまったのさ
その男の言う通りだったのさ
君の彌生が軟らかなるを祈る

Silhouette from the Skylitの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴