Brian the Sun/the Sun

The World

Brian the Sun


word: 森良太 music: 森良太

『the Sun』収録

  
        

まぁ どうせ他人だって あきらめたら一人でいるのと一緒
嫌いな奴の事も よく見えれば同族嫌悪だったりして

間違いの無いように生きるくらいなら
寄り道の1つや2つしてるくらいでちょうどいいんだ

いつから僕ら忘れてしまったんだ
誰かの中に答えはないんだって
自分で進んで深く傷ついたとして
そうやって生きてきた君の言葉だったら
聞きたいのさ 美しいだろうから
世界がまた 輝きだす

何か違うんだけどって 思いながら首をタテにふるなんて
良く見りゃにこやかな あいつの目は全然笑っていない

誰かの腹の底探るくらいなら
何にも分かんないでダマされるくらいでちょうどいいんだ

いつから僕ら忘れてしまったんだ
所詮誰しもが他人だという事を
まるで自分の事みたいに勘違いして
分かり合えない事に苛立つくらいなら
他人でいいのさ その方が違うという事 愛せるから

誰かの正解と 誰か正解に
振り回されてしまったとしても
誰が正しくて 誰が間違っていて
そんなこと考え出した瞬間 迷宮

いつから僕ら忘れてしまったんだ
誰かの中に答えはないんだって
ひたすらもだいて深く傷ついたとして
そうやって生きてきた君の言葉だったら
聞きたいのさ 優しいだろうから
世界がまた 輝きだす
他人でいいのさ それがいいのさ
足りないから 愛せるのさ


Brian the Sunの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴