Brian the Sun/the Sun

Winter Train

Brian the Sun


word: 森良太 music: 森良太

『the Sun』収録

  
        

微熱を帯びた君の余韻だ 言葉の数だけ滲む光だ
知らんフリして揺らぐ世界はゆらゆらゆら
一体何を探してたっけ 忘れたフリしてとぼけたって
比較的それは確信だってバレてたんだ

醒めない夢を見ている
真っ白な夜がまだ降り続いてる

愛してるって言えないのは僕もそうだった
二人を乗せて走る運命が次の駅に着く前に
いつかはきっと僕ら思い出になるから
せめてもう少しだけ このままで瞬きも永遠に
変えるような純白を見せてよ

時間が僕らを忘れ去って 雪に溶ける君の手を奪って
少し近づいてまた戻って ゆらゆらゆら

悩んでるフリをしてみたって わかってるフリをしてみたって
比較的それも確信だってバレてたんだ

まだ知らない君を見つける
その度に 永遠を信じたくなる

愛してるって言えないのは僕の方だった
二人を乗せて走る運命が次の駅に着く前に
いつかはきっと僕ら思い出になるから
せめてもう少しだけ
このままで瞬きも永遠に
変えるような純白を見せてよ

二人、子供みたいにわからないこともわからないままで
確かめることもしないままで 暖かいココアを流し込んでる

醒めない夢を見ている
真っ白な夜がまだ降り続いてる

愛してるって言えないのは僕もそうだった
二人を乗せて走る運命が次の駅に着く前に
いつかはきっと僕ら思い出になるから
せめてもう少しだけ
このままで瞬きも永遠に
変えるような純白を見せてよ


Brian the Sunの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴