SAKANAMON/・・・

ケーキ売りの女の子

SAKANAMON


word: 藤森元生 music: 藤森元生

『・・・』収録

  
        

暑いか寒いか分からないふわふわの赤いミニスカートで
仕事帰りの独身に愛想振りまきケーキを売るあの子

キリスト教信者でもない男女が綺麗な電気の光
見ながら口五月聖夜の夜にコツコツ働いてるあの子

全然売れていないそのケーキを僕に一つ下さい

予定が無いからさ
働いて遣り過ごすんだよな
同じさ
僕等はね 売れ残りのケーキさ
訳有りの品

売れ残り同士でさ
詰め合わせにしたら良いのにな
どうやらさ
僕なんて洋菓子ですら無いんだろう
精々麩菓子だろう

年々寂しい心の不景気に君を一つ下さい

どうせ彼氏が居るんだろな
居るけどバイトしてんだろな
真面目だがあざといね
そんな所が又好きなんだよな

実は甘い物が好きじゃないから要らないのにな
今日だけは君に免じて一つ買って帰るんだよ
ケーキ売りの女の子

ジングルベル 鈴が五月蝿えメリークリスマス
僕は寝みい 糞して寝ます
お休み


SAKANAMONの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴