黒夢/Drug Treatment

NEEDLESS

黒夢


word: 清春 music: 清春

『Drug Treatment』収録

  
        

数えれる程 僅かなコイン握って
自由の街へ 向かう列車に飛び乗ってた

僕を押しつけて
離そうともしない
昔話好きな
大人から逃げたくて

NEEDLESS 理解もない 第三者の言葉
僕に関する事 口を挟むのが嫌いで

陽が落ちる頃 目当ての場所で歌った
思い描いていた感触とズレ始める

べつの有力者が
あの頃の僕より
高値をつけたがる
裏心振り乱す

NEEDLESS 野心もない 第三者の空気
僕に関する事 まるで人事だね

NEEDLESS 必要ない なのに騒ぎ立てる
僕が嫌がる事 もっと覚えて欲しかった

夢をごまかして
忘れた振りしてる
良くも悪くもない
単調な毎日へ

NEEDLESS 何時になれば 自由と呼べるだろう
僕に合わない物 Ah 消えて欲しい

NEEDLESS 関係ない 第三者が軽く
僕に関する事 口を出すのが耐えられない

黒夢の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴