HYDE/ROENTGEN

EVERGREEN

HYDE


word: HYDE music: HYDE

『ROENTGEN』収録

  
        

窓の中の僕は
グラスの水に
差した花のよう

淡い陽射しに揺れて
まどろみの底
気づく夏の気配

無情な時計の針を
痛みの分だけ
戻せたなら

あぁ、おかしな君との日々を
あふれるくらい
眺めるのに

This scenery is evergreen
緑の葉が色づきゆく
木漏れ日の下で
君が泣いている

優しい季節を呼ぶ
可憐な君は
無邪気になついて

そっと身体に流れる
薬みたいに
溶けて行ったね

This scenery is evergreen
儚いほど途切れそうな
その手をつないで
離さないように

This scenery is evergreen
可哀想にうつむいている
悲しい瞳を
ぬぐってあげたいのに

近づく終わりに
言葉ひとつ言い出せない
This scenery is evergreen
愛しい人よ

HYDEの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴