シド/センチメンタルマキアート

涙の温度

シド


word: マオ music: 御恵明希

『センチメンタルマキアート』収録

  
        

突然の雨のせいで 濡れたまま うつむく 君
包み込むバスタオルに 僕はなれるかな
誰だってみんな同じさ 運が悪かっただけさと
気休めの言葉の一つなんて 何の役にもたたない そんな夜
抱きしめてあげる この歌で 泣き疲れたら眠ればいい
傷口は 二人でうめればいい ゆっくりさ

僕だって強くないし 思うよりずっと細い
全部 見てほしい
君にとって 特別な場所でありたい 願うよ
迷ってもがいても 答えは一つ ただあるだけでいい 君の声
抱きしめてほしい この歌を 喜びの日々 生きる意味を
僕のことを好きな 君が好き それだけ

「才能の人」演じた過去のこと「努力の人」と認めてくれたよね
嬉しくてつい 溢れた 涙の温度は ずっと忘れない

抱きしめてあげる この歌で 泣き疲れたら眠ればいい
傷あとも いつかは笑えるさ きっと
今 抱きしめてほしい この歌を 喜びの日々 生きる意味を
見いだした僕らは もう何も 怖くない 怖くない

シドの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴