MUCC/葬ラ謳

帰らぬ人

MUCC


word: ミヤ music: ミヤ

『葬ラ謳』収録

  
        

あの子はいつも 一人ぼっちで、
横切る電車をながめている。
小さな身に似合いもしない
影を背中にしょって。
七時半着の電車が通ると、
あの子はかけ足でふみきりまで。
ふみきりの向こうではあの人が、
疲れた顔で笑っている。
あの子はその日の出来事を、
笑顔でいくつも話し始める。
「先生はとても優しいよ。」
「今日はあの子と遊んだよ。」
あの人は「よかったね。」と、
頭をなでてくれた。

あの子は一人ぼっちで横切る電車をながめてる
もう帰ることの無いあの人をひたすら待ち続け
遮断機の向こうのあの人の笑顔忘れられず
そこから一歩も動きたくはなかった

もう笑えない、
もう笑えない。
なにも聞こえない。
なにも欲しくない。
もうあの人は帰ってこない。

みんなあの子に手をさしのべる。
同情というとても冷たい手。
なにを言われても、
なにを与えられても、
彼の部屋の鍵は閉じたまま。

MUCCの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧