MUCC/葬ラ謳

黒煙

MUCC


word: 逹瑯 music: ミヤ

『葬ラ謳』収録

  
        

見た目に全てを左右されながらひどく入り組んだ迷路を作り
小さな箱で大事に育ててたちっぽけな花は踏みにじられて
怒りに任せてなりふり高?ク微かなプライドかき立てながら
遠くの景色に微かに見える 全てを飲み込む黒い煙りに
歪んだ常識崩れた良識全ての根拠に及ぶ悪意が
驚異的なスピードで駆け抜けて轟音と共に何か目覚めた
生きていることがトラウマの彼と 被害妄想の僕が
何かのはずみで交わった時 螺旋を乱す黒い煙に

黒煙はとめどなく 森を街を僕を覆い
その僕は只一人友達が欲しいだけだった

コワレタおもちゃをネジに差し出せば新しい物を与えてくれた
無限の偽りの愛の中で現実の空に目をそむけてた
昨日も今日も明日も只々ロボットの部品を作る少年
何くわぬ日々の暮らしの中に 確かに見てた黒い煙りを

黒煙はとめどなく 森を街を僕を覆い
その僕は只一人友達が欲しいだけだった
黒煙は歯止めなく 空をビルを君を覆い
この僕は只一人 君が欲しいだけだった

四角い部屋の隅で 孤独に震え
晴れることのない煙りに この身を委ね
吹きすさぶ無常の風は 気がふれそうで
赤黒い大地の果てに 黒煙がのぼる

見た目に全てを左右されながらひどく入り組んだ迷路を作り
小さな箱で大事に育ててたちっぽけな花は踏みにじられて
怒りに任せてなりふり高?ク微かなプライドかき立てながら
遠くの景色に微かに見える 全てを飲み込む黒い煙りに

MUCCの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴