MUCC/負ヲ讃エル謳

友達(カレ)が死んだ日

MUCC


word: ミヤ music: 石岡の金角・銀角

『負ヲ讃エル謳』収録

  
        

昨日、友達が死にました 愛されるということも解らなぬまま
嬉しさ も 楽しさ も 感じることもなく
寂しい寂しいと呟きながら

昨日カレは言いました 「どうすればわかってもらえるの」
僕は何も言えなかった 僕は友達でいたかった

見せかけだけの形に囚われて 純真な彼の心弄ぶ
カレはそれを嫌がっていたのに
なぜやめようとしない やめろ お願いやめて下さい

父親を忘れた人達へ もう一度思い出してくれるなら
友達だった頃のように もう一度遊んであげませんか?
冷たい雨しか知らない彼に 僕は暖かなぬくもりを
教えてあげたかった

見せかけだけの形に囚われて 純真な彼の心弄ぶ
カレはそれを嫌がっていたのに カレはそれで苦しんでいたのに
虐待を愛情だと嘘をつき それをむりやりすり込んで嘲笑う
なぜやめようとしない やめろ お願いやめて下さい

母親を忘れた人達へ もう一度思い出してくれるなら
友達だった頃のように もう一度遊んであげませんか?

悲しみ苦しみに耐えることしか知らなければきっと僕だって
早く死んでしまいたいと思うことでしょう
でも僕 何も教えてあげられなくて悔しくて
泣きました 泣きました

思いやり 愛情 友情 誰も教えてくれません
冷たい雨しか知らない僕は 彼に暖かな温もりを教えて欲しかった

MUCCの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴