陰陽座/金剛九尾

十六夜の雨

陰陽座


word: 瞬火 music: 瞬火

『金剛九尾』収録

  
        

もう 視界が歪む 指は震える
骨が軋み上げる
干涸ぶ 此の身よ
いっそ朽ちよと願うも連れ無し

否や 此れ以上出来るなら
独り暮れたい
なれど 亦 二人唇は朱に染まりて

雨に打たれる為に
漫ろに行くを見遣るは 夜の雲や

刻んだ咬み痕 細る好き人
迚も 見て居られぬ
干涸ぶ 其の身の愛おしきこと
首筋を摩る

否や 此れ以上出来るなら
濡れて触れたい
なれど紛うなり 唇は何故に染まるや

雨に打たれる為に
漫ろに行くを 見遣るは夜の雲や
雨に 濡れ戯らせて
後生や 遂って来やるな
微温い夜にいざよう

否や 此れ以上出来るなら
独り暮れたい
なれど 亦二唇は朱に染まりて

雨に打たれる為に
漫ろに行くを見遣るは夜の雲や
雨に濡れ戯らせて
後生や 遂って来やるな
雨に喚く十六夜

陰陽座の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴