陰陽座/金剛九尾

組曲「九尾」~照魔鏡

陰陽座


word: 瞬火 music: 瞬火

『金剛九尾』収録

  
        

漂う膿 心 濁して
幾度目かの 伽 苛ちて
障りし旨 問い合わせど すげない素振り
桃花染に 臍を噬む

容貌を視らば 打ち遣る 此の疑氷
打ち遣れ 其の疑氷

簓の態 肚裡 括りて
もう御座なりの 伽 遣り付け
曝ける胸 抛り出せば 貪る頭
何ぞ 笑みが 零れる

体躯に痴らば 吹き飛ぶ 此の紕
吹き飛ぶ 此の紕

遊ぶも 対の 契りと
努々 此の旨味 忘れさせぬと

尾ろぞ見ゆる 九尾ろが
鱗落つる 牝狐の化生

嗚呼 然こそ 優女
持てり 情の証
嗚呼 元へ商の
女ら 飾ろう装具

有られ無き 仰せ いと惜しけしや
徒然に 添うた 蜜を喪いて
謂れ無き 仰せ 愛おしき日は
微睡と 知って 崩れ 消え惑う

鏡を視らば 巧みの 臍落ちぬ

荒ぶも 終の 契りと
おめおめ 傾国 忘れられじ
抜かるも 不意の 限りと
夢夢 飽いたと 忘れて仕舞え

泡沫と潰えし 此の上の
沙汰なぞ 興り無し
憖じ 智恵など 振るいたる
汝が 業を 呪え

叢立ちの 蟻に 隠る
傍痛し 下げ
寂滅の 凪に ぽつり
疼く躯 浸せ

居るも 詮無き 此の宮の
上に残せし 翳
喩 去れども 揮るいたる
波紋 灼に 怖じよ

おお 歪む 躯 固む
矢竦みの 背を 綰ぬ
おお 裂ける 貌を 刳る
藻女の 胞衣は 要らぬ

陰陽座の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴