陰陽座/金剛九尾

陰陽座


word: 瞬火 music: 瞬火

『金剛九尾』収録

  
        

鬼の哭(な)く音(ね)が 繚乱(りょうらん)と舞い 煌(きら)めく
刹那(せつな) 鳳凰(とり)が羽搏(はばた)く
夢幻(むげん)の裡(うち)に 點睛(てんせい)を遂(と)げ
魔天(まてん)の主(ぬし)が 物の怪(け)と成る
流例(るれい)の廉(かど)は 不退(ふたい) 無点(むてん)の春は
操(みさお)溟海(めいかい)の果て遥 跡絶(とだ)える由無(よしな)く
歩(あゆ)ぶ 軈(やが)て 其処(そこ)に生(お)い立つ
刻(とき)の 愛(かな)しさに 此の眥(まなさき)開いて 往(ゆ)く丈
岨(そわ)の 花笑(はなえ)みに 此の羅袖(らしゅう)が
染まりて 咲く哉(かな)底滓(そこり)は 目ら向けず 除(のぞ)き
祝詞(のりと)は 苦し甘露(かんろ)に 似て
凶夢(まがゆめ) 斑(むら)し 貘(ばく)が 餌(え)ばみ
幻 瞬(またた)く 刹那(せつな)に 鏘鏘(そうそう)
鳳凰(とり)は飛び立つ刻の愛しさに 此の眥(まなさき)
開いて 往(ゆ)く丈(たけ)
岨(それ)の 花笑(はなえ)みに 此の和酬(わしゅう)で 応え続けよう
疾(と)く 醒めて 見上げれば 抉(くじ)られたら 天(そら)
賓(まれうど)の 土産も 解かざる儘(まま)で
満開の葉花が 絶界(ぜっかい)を照らすとき 光が 溢れる
刻(とき)の 愛(かな)しさに 此(こ)の眥(まなさき)
開いて 往(ゆ)く丈(たけ)岨(そね)の 花笑(はなえ)みに
此(こ)の羅袖(らしゅう)が 染まりて 咲く哉(かな)
鳳凰(とり)よ 青竜(せいりゅう)よ 其の翼は 辞(いな)びて
歩もう 路(みち)の あらましを 此の声で 歌い伝えよう

陰陽座の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧