THE BACK HORN/イキルサイノウ

孤独な戦場

THE BACK HORN


word: THE BACK HORN music: THE BACK HORN

『イキルサイノウ』収録

  
        

シブヤはまるで肉の海だ 公衆便所の落書きだ
狂いそうなノイズの洪水にヘッドフォンが外せない

ぬるいフォークソング撒き散らしてる奴ら
金を募金しろとうるさくせがむババア

吐き気がする程に人間だらけ
ああ どうせイナカモンとクダを巻いて
ションベンぶっかける駅ビルの壁
ああ だけど十二月がひどく優しい

馬鹿が馬鹿騒ぎして死んでる 顔面性器が笑ってる
キリストのうなじを舐める女 ザラついた金の味

一人 二人 三人 死人だらけさ 今日も
俺は生き延びてやる 心の闇の中で

神様 俺達は悲しい歌が
気が触れる程好きです そして今夜
ギラつく摩天楼 隠したナイフ
意味も無く答えも無い孤独な戦場

肉と肉の間で窒息してく理性
俺が怖いのは ただお前らが人間だってことさ!

神様 俺達は悲しい歌が
気が触れる程好きです そして今夜
ギラつく摩天楼 隠したナイフ
意味も無く答えも無い孤独な戦場

暗闇の中ドアを叩き続けろ

THE BACK HORNの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴