蜉蝣/心中歌

白い鴉

蜉蝣


word: 大佑 music: ユアナ

『心中歌』収録

  
        

失くす傷み知った夜から 瞳に映る街色を失くした
儚な過ぎた君との恋 最後の" くちづけ "にも気付けずに


他人の視線気にすること無く
素直に「好き」と言えた


君のサヨナラに僕は耳を塞いでいた
現実を受け止めたくはなかった
いつもの帰り道 一人歩きながら
隣で笑う君だけを捜していた


嫌う事など 出来るわけでもなく
傷付けるから もう「好き」とも言えず


いつからか君に触れていても
別れに怯え続けていた


思ってもいないのに僕は
" 幸せになってくれ "と言った


君のサヨナラに僕は耳を塞いでいた
現実を受け止めたくはなかった
いつもの帰り道 一人歩きながら
隣で笑う君だけを


色を失くしたこの街で 白い鴉がずっと見ていた
けれど僕はいつかきっと 色を付けていくんだ
たとえそれが一色ずつでもいいから…

蜉蝣の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴