NIGHTMARE/茜/HATE/Over

HATE

NIGHTMARE


word: RUKA music: RUKA

『茜/HATE/Over』収録

  
        

陽の当たらない濁る息の町
最後の糸も静かに切れた
数分前の君の言葉さえ
マダラ模様に溶けて滲んでいた
「汚い」なんて もしも言われても
胸痛む程弱くありません
欲しいモノなら力で奪う
天下無敵の悪のカリスマ
いばらの道を土足で歩く
仮面の裏の本音は言えず
闇の中で震えてる泣き虫な自分が
嗚呼 なのにどうして?愛を叫べない
聞いて 聞いて誰よりも弱い自分の声を
嗚呼 なのにどうして?
いつも すれ違い繰り返す

誰にも言えず誰にも見せずに
最後の瞬間も一人なのかな
闇の中で震えてる泣き虫な自分が
嗚呼 なのにどうして?愛を叫べない
聞いて 聞いて誰よりも弱い自分の声を
嗚呼 なのにどうして?いつも すれ違う
繰り返す もどかしい自問自答は
嗚呼 悲しいかな君を割りだせず
投げ捨てた思いが胸に芽生えて
嗚呼 綺麗な花開く事はなく散るのかな

NIGHTMAREの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴