己龍/朱ク散ル僕ノ蒼

朱ク散ル僕ノ蒼

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『朱ク散ル僕ノ蒼』収録

  
        

あぁ 一面に広がった城に蝕まれ…潰された僕

「…。」

あぁ 透き通った涙だけは濁りの無いそれを克明に告げる…

何時も…何時も…遠巻きに見てた君の視線に気付いてた
何時も…何時も…その視界の果てへ逃げ惑う僕を執拗に追いかける

痛い…ただ痛い…オモイも、温もりも、その優しささえも
嫌がる僕のこの涙をどうか履き違えないで…

拒絶に気付いて
別れを受け入れて
押し付けるだけが愛じゃないでしょ…?

本当の幸せは二人で形作るモノで
君の理想は決して僕の理想じゃない…
僕の目の中から光が消えたあの日
悲痛な叫び声を上げて僕は悟った…

「戻らない蒼にサヨナラを」

鏡に映る僕にはもう汚らわしさしか見えず
綺麗な頃に想いを馳せて広げたその手は朱く染まっていた…

君の頬を伝う涙…それは僕に向けての罪悪感?
中途半端な優しさなんて要らない…
これ以上惨めな気持ちにさせないで…

朱く散った僕の一度きりの蒼は捩れた記憶の底へ堕ちた…

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧