己龍/朱ク散ル僕ノ蒼

桜絡ミ

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『朱ク散ル僕ノ蒼』収録

  
        

思い返し、振り返り…忘れまいと想い眠る
私の事を手招いて、引き摺り込み惑わせる春…

騙されては気付かぬフリ望んだのは二人の不離
残ったのは「冷たい春」、「冷たい愛」、「冷たい貴方」

もういいかい…
まだだよ…

こんなにも貴方だけ愛してて止まぬから
あんなにも尽くせてた…それなのに…
何時だって見てたのは物言わぬその背中
「馬鹿な奴」と嘲笑うその気持ちに

気付いてないとでも思っていたのかしら?

幾度、幾日、幾年の時が流れ…
自分に素直になれたあの日の事を
誇らしく思えてしまう位なのに…だけど…
涙は少しも温かくない…

後悔なんて欠片ほども有り得ないのに…
悲しいなんて微塵も思ってないのに…
物言わぬ貴方に馳せるこの溢れる愛しさと
涙は少しも温かくない…

桜覗く部屋と想い出に今も獅噛む…

・スネ暦ソスの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧