己龍/月ノ姫

月ノ姫

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『月ノ姫』収録

  
        

心の淵に触れる事も無い 貴方達が伸ばす手は
「私のために…」「私のために…」嘘で固め己の欲を晒す

真と語る模造の愛は脆く儚く灰と散り
私の周を見上げた其処は淡く光る虚無の月

信じることは絶望を知る事と…
信じないことは孤独に染まる事と…

四面楚歌の虐げの果てに救いを

月へと還ると告げた時に見え隠れさせていた貴方達の心情
本当は誰にも必要とされない「さよなら」の一言も言わせて貰えない

信じる事は絶望を知る事と…
信じない事は孤独に染まる事と…

暗い部屋の中、指先につけた傷と心に出来た傷を照らし合わせて
痛みを感じることの出来ない心の傷の方が痛く苦しいのは何故…?

月へと還ると告げた時に見え隠れさせていた貴方達の心情
本当は誰にも必要とされない「さよなら」の一言も言わせて貰えず

それでも私は信じたかった 欺瞞にも一輪の優しさがあると
私が私である事の意味 生まれ咲き、散り死に行く走馬灯の意味を…

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴