己龍/月ノ姫

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『月ノ姫』収録

  
        

琥珀舞い上がる螺旋に溺れ行く一片でいい…
愛を乞う言葉さえ僕の奥へと沈む

戻りたい…戻れない…
苦し紛れに口をつく君のその饒舌

その涙…その笑顔…
嗚呼、愛しさを募るその言葉さえ饒舌

僕が見せた弱さの意味が歪になる
君を信じる強さが僕の弱さなのか…

全て…何もかもを捨て切れぬ事で
僕がこんなにまで蝕まれるなんて…

琥珀舞い上がる螺旋に溺れ行く一片でいい…
愛を乞う言葉さえ僕の奥へ奥へと
廻る曖昧、愛の舞、哀から生まれた隘
君を包み込むだけの僕が何処にも居ない…

「信じた数だけ裏切られる」事を何より「信じた」筈なのに…

舞い上がる殃裼繚乱

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧


  • a
  • ka
  • sa
  • ta
  • na
  • ha
  • ma
  • ya
  • ra
  • wa