己龍/水無桜

朔宵

己龍


word: 黒崎眞弥 music: 九条武政

『水無桜』収録

  
        

かァごめ かァごめのなか 誰そ彼の朱に落つ
踊る祭囃 噎せ返る人垣
連ぬる提灯の狭間に ゆらぁり 影
孤面「おいでや おいで」 丹と笑み 手招き

‥嗚呼…ぁ…あぁぁ

右手ニ 朱ク滴ル甘ィ 林檎飴
左手ヲ 引ク少女繋ぐも 見ズ知ラズ
虚ろ目 鬼火 蒼黒く揺らめき
祭り囃背向けし 空蝉ノ森ニ

蝉時雨と共に憂ひに戯らば
十を数ヱ振り返り縷々と口遊み
「ねんねんおころりよ」揺湯ふ子守唄
骨身深く染入りて四方は丑刻

朔の夜 這い出づる
怨み 辛み 妬み 悔闇 憎染み
夥しき腕
彼方 此方 其方 何方 伸び出でる

孤面 囁ク
「ほぉら 逃げしゃんせ」

踏み染む跫は
ゆらァり どろォり べちャり じろり ぐるゥり と
孤面は指差すも
彼方 此方 其方 何方 せせらセラ嗤ゥ

佇む【その子】手引き 参道駆けれど
九十九折の鳥居 歪む石畳路
谺せし-か-ら-こ-ろ-か-ら-ん- 鼻緒 ぷつり と
卒爾に 【此ノ子】引き攣りて含み笑ヱバ

結 ビ 手 開 キ

真ん丸 な 眼が
見開き 血走らせ 這ひ摺り 廻らば
朽ち木に 逆さ吊
彼方 此方 其方 何方 宙ぶらァり

女童 問ふ 皺嗄レ声デ
「う し ろ の 正 面…だぁアれ?」 指差す

目隠し鬼さん 夜明けノ晩ニ
鳴かずの鶏ハ 首ちょん切ラレ
「あはれなり」

朔の夜 這い出づる
怨み 辛み 妬み 悔闇 憎染み
夥しき腕
彼方 此方 其方 何方 伸び出でる

孤面 嘲り
「ほぉら ツ カ マ エ タ」

踏み染む跫は
ゆらァり どろォり べちャり じろり ぐるゥり と
籠目駕籠ノ中ハ
何時 何時 出やる 出やれずに 小止ミ咽ク 消ユ

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴