己龍/鬼祭

鬼祭

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『鬼祭』収録

  
        

今目覚め始めた鼓動が ほら…脈を打って
現に溶けて消えて行くのは異端の鬼

有り触れている歪から誰もが目を背け
有り触れえいない異端とされ僕は…
一縷の闇に朽ち堕ちる

言葉に棘を…心に咎を…
喰らい蝕み悦の悲鳴が込み上がる
唄えや唄え…踊れや踊れ…
今宵祭るは乖離されたあるべき姿

悪鬼羅刹 人の性
自失に溺死の恍然の様
彼岸此岸 ぶらぶらぶらりら

「我思う故に我在り」

見たくないモノ
知りたくないモノ
不条理と呼べる現の蛆から
逃げる己の何が正しいか…
否定出来ぬ自我の渦にこそ

「我思う故に我在り」

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧


  • a
  • ka
  • sa
  • ta
  • na
  • ha
  • ma
  • ya
  • ra
  • wa