己龍/鬼祭

柘榴

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『鬼祭』収録

  
        

ぽつりと咲いた柘榴一つ 蜜滴るは絶景の園
何一つと流すことの無い 爛れた夕暮れに溺れその瞳閉じる


ぽつりと咲いた柘榴一つ 涙滴るは絶望の底
何一つと声を上げられぬ 僕は喉笛を噛み千切られた鴉


全てを嘘で塗り固めた 僕の無表情の笑顔
奪い、奪われ果てた今、残る猜疑心の末路


優しさの陰で膨らんで行く僕の
焦げてくすみ切った愛は君に届かない
全てを焼き付け、刻み付けた筈なのに…
「忘れてしまえば良い」と逃げただけ…


さよならが言えず…


悲しみの陰で膨らんで行く僕の
嘘であって欲しいと靄に縋る愛
僕を壊していく君のその笑顔が
忘却の足を掴んで離さない


潰れ腐り尚咲き誇る柘榴

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧