己龍/鬼祭

花火

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『鬼祭』収録

  
        

貴方を失い過ぎ去る幾許の流れに私は何を見ればいいの?
幾ら願っても戻らない時の流れに私は今も心此処に有らず


「忘れられぬなら全て投げ捨てて貴方のとなりへ」


そんな甘えた私を貴方は残してくれた愛で突き放す


夏の夜空 打ち上げ花火 咲き散る刹那
徒然の朝に消え行く貴方を思う


今でも振り返ればあの日の様な笑顔がそこにほら…そんな…


泣いて、泣いて、泣き叫んで…
涙も声も嗄らして…
貴方の影を追い続ける私が見える?


夏の夜空 打ち上げ花火 咲き散る刹那
徒然の朝に消え行く貴方を思う
夏の夜空 打ち上げ花火 咲き散る刹那
最後にくれた言葉が聞こえた気がした


今でも振り返ればあの日の様な笑顔がそこにほら…そんな気がして
泣かない約束は出来ないけど…それでも…それでも…今を…


生きる

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧