己龍/叫声

否定ノ渦

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『叫声』収録

  
        

さよなら さよなら
それは理想と現実の様な
さよなら さよなら
それは決して相容れぬ独り

孤独に酔う被害妄想
行きも帰りも溢れる欺瞞

独りが嫌で、誰かに拠って、
傷付き、傷付けられまた独り
堂々巡りの中で見たのは…何時の日かの僕?
独りが良くて、誰にも拠らず、
寂しさと不安に押し潰され
温もりに彷徨うのも何処かで見てた僕?

明日の僕は…「何処の誰か」

さよならしても、さよならしても、
どんなに引き裂き破り捨てても
堂々巡りの果てに待つのは…見慣れた姿
嫌い嫌いと罵るだけで、
それ以外の何も見ようとせず
終わりの無い否定の渦の中…思い知る

僕は所詮…僕か。

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧


  • a
  • ka
  • sa
  • ta
  • na
  • ha
  • ma
  • ya
  • ra
  • wa