己龍/羞月閉花

手鞠童女

己龍


word: 黒崎眞弥 music: 九条武政

『羞月閉花』収録

  
        

手鞠唄が聞こえる
鈴の音と混ざりながら
ジワリジワジグリと耳の奥まで
劈く痛み辛み
のた打ち回る姿を
ケタケタと笑う 金切り声

魘され続ける夢狭間
ぐるり廻る ニ拾四の針
丑三つ時の 異様な空気に
目を覚ました

奇怪な夜 五体は囚われ
恐怖は小止みなく
じわり だらり ぬめる膏汗が
蠢く影 雑然とした部屋を
滲む蒼

ゆらり、ゆらめく

淡い浮游月に重ねた
透き通るほど白い肌
血汁も通わず蒼白く
照らされる顔と
双は蝋燭の灯の様に漂い
目に焼き付く形相
渦巻いた極彩色

ひいや ふうや みいや よ いつや むうや
綿の鞠つきて鈴の音「 」
ななや このや とお

「戯びませう」

振袖から伸びた指先
小さな諸手 鞠をつく指は

剥がれた爪

蠢く様 軋み頭ユラギマス
ぐるり まわり 眩く視界が
不動な儘 蒼然とした部屋を
滲む紅

にやり、にたりと

お河童の黒髪は
うねりをあげながら
覆い被さり絡み憑き
視界をも遮る

気付けば姿は無く
鈴蟲の音色に安堵覚え
視点を元に戻した其の時……

目 の 前 に

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴