己龍/明鏡止水

明鏡止水

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『明鏡止水』収録

  
        

一面の銀世界が
歪の成れの果てで
あるように…

揃えた両足に力込め
踏み出した
刹那の中で
感じていた切なさは

自分自身を守り抜く事が
こんな形でしかできない
自分自身と初めて
向き合う事が
出来たから?

透明色の
僕で在りたかった
君が君で
僕が僕で在るように
青い理想と罵られ、
黒い現実押し付けられ
鏡に映るは
似て非なる僕…
遠目に見てた君は今でも
君で在る事
守りぬけてますか?
赤い痛みが腫れ上がり、
艶やかに色付く前に…
せめて真っ白なままで
枯れ誇る…

手を離せば
バラバラになれて楽なのに
それが出来ずに
いるのは未練?
それとも執着?

自分自身を取り繕う事が
望まない明日を生むのに
自分自身に
認めて欲しくて
望みを明日に生む…

「強い心」の本当の意味

心が心を偽れる事

一面の銀世界が
歪の成れの果てで
あるように…

透明色の
僕で在りたかった
君が君で
僕が僕で在るように
青い理想と罵られ、
黒い現実押し付けられ
鏡に映るは
似て非なる僕…
遠目に見てた君は今でも
君で在る事
守りぬけてますか?
赤い痛みが腫れ上がり、
艶やかに色付く前に…
せめて真っ白なままで
枯れ誇る…

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴