己龍/明鏡止水

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『明鏡止水』収録

  
        

受け止める事が出来ない
素直に喜ぶ事さえも…
今はもう苦痛としか
感じる事が出来ない…

「ごめんなさい」
と繰り返して
許しを媚びる様な愛が
相思相愛の未来図に
花を添える筈もない…

涸れ果て、朽ち果て、
乾涸た心を
潤してくれた
貴方の愛
甘えるだけ甘えて
浸り過ぎた
私は何時しか澱み腐る…

突き刺さった溺愛の杭は
私の自由を奪い
吊るし上げた束縛の枷は
私に孤独を与え

繋がりも絆も
逃れられぬ理由

捨てられたくないと受け入れた
私が私の羽をもぎ
その痛みも何時かは愛せると
信じて涙を飲み込んだ

幸あれと願う
声は届かない…

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴