己龍/夢幻鳳影

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『夢幻鳳影』収録

  
        

霞み惑わすのは愛故か
燦々と降り注ぐのは哀故か

祝儀の葬列

刹那でもあり永久でもあり
微かに見える笑顔に涙ほろり

燈篭の灯りが湛える冷たい温もり
浮かび上がり、そして消える…また浮かんで、消える…
足音だけが右から左へ…

暗中模索
五里霧中
朧月に誘われ
「見えぬ…見えぬ…」と嘆いては、恐る恐る忍び足

彼方から聞こえる祭囃子
鼓は咆哮、幾千の慟哭

泥濘がその命を拒むかの如く…
幼心がその命を投げ出すかの如く…

燈篭の灯りが湛える冷たい温もり
浮かび上がり、そして消える…また浮かんで、消える…
足音は気がつけば背後に…

暗中模索
五里霧中
朧月に誘われ
「見えぬ…見えぬ…」と嘆いては、恐る恐る忍び足

行きはよいよい…帰れない…
此処は何処…?
「怖い…怖い…」と嘆いては、祭囃子に変わり行く

暗中模索
五里霧中

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧