己龍/夢幻鳳影

見セ掛ケノ飴ト自己満足ノ鞭

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『夢幻鳳影』収録

  
        

泣き濡らしてみても 泣き腫らしてみても
それでもまだ泣ける位の恋物語だったのに
貴女が変えてしまった…

吐き尽し吐き尽して それでもまだ吐き足りぬ程に…
哀愁は腐臭を抱いて 貴女が愛臭へと変えてしまった…

私の事を殺せたとしても自殺は出来ないんでしょ?
そんな中途半端な気持ちで「一生愛す」とか言わないで
私が逝った後性懲りもなく別の女を逝かせるの?
結局、最後まで貴女のその愛は自己満足の塊でしかないの?

そんな人だと分かっていながら愛していた
私の負けだって事も全部分かっていたのに…
そこで負けた事実を感じてしまった事がもう
愛の存在を消した何よりも確かな事実…

飴は後回しで鞭だけを腐る程に叩きつけられた私の

尽くすだけの恋

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧


  • a
  • ka
  • sa
  • ta
  • na
  • ha
  • ma
  • ya
  • ra
  • wa