己龍/魑魅魍魎ノ跳梁跋扈

魑魅魍魎ノ跳梁跋扈

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『魑魅魍魎ノ跳梁跋扈』収録

  
        

声を…その声を聞かずに
吹き消してしまったこの子の命

指折り数えた十月十日

声に...声にならぬ叫びが
この身体の内から溢れてしまう

脚を伝う朱い涙…


かごめ かごめ

籠の中の鳥はいついつ出やる
夜明けの晩に鶴と亀が滑った
後ろの正面誰ですか?

奈落の底へ堕ちる
刹那垣間見たその笑みに

人と言う仮面に隠れた夜叉を見た...
私が...あの人が...この子が一体何をしたの?
解らぬままに膨れ上がる積怨

「人を呪わば穴二つ」

それが私の見つけた涅槃...


荒れ澱む葬頭河の深みを
一緒に渡りましょう…

代価は安息 得たのは悔恨の涙
垂れ流したこの命と共に私達も行くわ…
ごめんなさい…
でもありがとう…
さようなら…

・スネ暦ソスの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧