蜉蝣/愚弄色

淋しさと眠れ

蜉蝣


word: 大佑 music: kazu

『愚弄色』収録

  
        

今でも、君との関係に縋り付いて、涙が優しい月を隠す。

よく似た君と僕、何時しか壊れ始め、
「サヨナラ。」交わした、あの日から。
電池の切れた、玩具の様に…
あぁ時間が止まってしまった。
笑顔さえ忘れて。
愛して欲しい。別離たくないだからずっと。
ずっと騙されていたかった。
この愛の次は無いと思っていたんだ。
繋いだ手、離す事なんて無いと信じていたんだ。
失って初めて感じた、君の存在の大きさ。
瞬きしたら、居なくなりそうで弱さの海に溺れていた。
一日ずつ薄れ行く、君との思い出達を
忘れたい、忘れたくない僕は、淋しさと眠る。
後ろ髪引かれたまま、季節が変わる…
君と最後に観た映画、今は独りきりで観ています。
振り返らず別離たのは、追いかけてくれると、
信じていたから…

信じていたかった…‥

蜉蝣の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧