蜉蝣/黒旗

絶頂スパイス

蜉蝣


word: 大佑 music: kazu

『黒旗』収録

  
        

ナゼだろう?こんな気持ち 初めての感覚
君との二人きりは 死にたくなる程痛い

春の朝も 夏の午後もそう 
秋の夕暮れ 冬の真夜中
「ずっと一緒に、過ごそう?」 
なんて言葉 全部嘘だろ?
        嘘に変わるのさ

それなら早く今のうちに 絶頂のスパイス振り掛けて
快楽独り占めにするのさ

だから君の白い肌舌でなぞり 耳を噛んでみた
そしたらソプラノ声洩れ始めて 花は咲き乱れだした

気付けば君は泣いていたね 悲しそうに顔を歪ませて
「仕方ない…」 快楽分けてあげる

可愛い君の指を一本ずつ 舐めてあげるから
そしたら綺麗なファルセット洩れ始めて
「開花宣言」 狂いだした

ナゼだろう?君の瞳に まだ涙溢れてる
君との二人きりは イキたくなる程痛い
「カラダだけじゃ嫌だ…」
と言う君の気持ちも理解らない

蜉蝣の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴