2018-01-19

GLIM SPANKY、人間の二面性を描いた「愚か者たち」MVを公開

全国20公演で開催したツアー『BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018』が1月6日(土)に大盛況で終演し、5月12日(土)には日本武道館ワンマンライブが決定しているGLIM SPANKYが、2018年2月1日(木)公開映画『不能犯』の主題歌である「愚か者たち」のMVを公開した。歌詞のテーマでもある“二面性”をMV内でも表現しており、顔半分に画像や絵を投影したり、ピエロなどに変化しながら二面性を表現している。

このMVに対して松尾レミ(Vo&Gu)は「たくさん面白い実験をしたMVになりました。実際、いろいろな映像や自分の顔を、顔に投射して歌ってみたり、ギターに投射したりとてもエッジが効いてサイケで刺激的な映像になっています。是非音と共に観て下さい!」とコメント。亀本寛貴(Gu)は「楽曲、映画の世界観に合ったクールなMVになったと思います。個人的には登場する二本のギターがとてもかっこいいので注目して欲しいです。」とコメントしている。

熱き王道ロックのビートを解き放つGLIM SPANKYの楽曲は老若男女を問わず、響き渡っているに違いない。公開されたMVと共に1月31日(水)リリースのシングル「愚か者たち」にも注目だ。

シングル「愚か者たち」

2018年1月31日発売



TYCT-30072/¥1,300+税
<収録曲>
1.愚か者たち
2. In the air
3.カバー曲:I Feel The Earth Move(原曲:キャロル・キング)
4.怒りをくれよ(2017.6.4 日比谷野外大音楽堂 Live ver.)※配信限定トラック

■iTunes バンドルプレオーダーURL
http://po.st/it_glim_oroka
■レコチョク「愚か者たち」単曲URL
http://po.st/it_glim_oro

『GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館』

2018年5月12日(土) 東京・日本武道館
<チケット>
前売(全席指定)¥5,800(税込)
親子割チケット(全席指定)
※未就学児童は保護者の座席の範囲内で鑑賞可。小学生以上チケット必要。
※価格詳細はGLIM SPANKY公式サイトをご参照ください。



【関連リンク】
GLIM SPANKY、人間の二面性を描いた「愚か者たち」MVを公開
GLIM SPANKYまとめ
LILI LIMIT、EP『LIB EP』の全楽曲がラジオ4局で連続初オンエア決定

記事提供元:


シェアしてアーティストの活動を応援しよう!

GLIM SPANKYの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

   

  新着ニュース