2011-08-20

The ROOTLESS、バンドの方向性やひとつのスタンスを示した曲

 着実に音楽シーンにその名を知らしめつつあるThe ROOTLESSが待望のニューシングルをリリース。その表題曲はバンドが持つ意志を強く表したものになっている。

──表題曲の「変わりたいと、強く望め。それ以外は、いらない。」は演奏面でいろいろなことをやっていますね。

デュラン The ROOTLESSとしては今までになかった曲ですね。いろんなところでライヴをやっていて、曲調や音の面でバンドとして聴かせられる曲を作らなきゃって思って作っていった曲なんです。

──特に間奏がすごかったです。

デュラン ベースとギターが最初にきて、そのあとにギターソロがあって…またかよ!って自分で作ったのに突っ込んじゃうような展開です(笑)。周りの人にバンドってもっとガンガンやっちゃったほうがいいんじゃない?って言ってもらえたのもあって、じゃあ!って弾いちゃいました(笑)。

──バンドの勢いがダイレクトに伝わって、そのままライヴでもがっつり盛り上がれそうな曲ですよね。

井原 ライヴでもすでにやってる曲なんですけど、お客さんの反応もすごく良いですね。

大坪 すごく自分らしくプレイできてるなと思うし、バンドの幅も広がったと思う。ライヴでは特に良いバランスになっているなと思いますね。

デュラン 曲を聴かすだけじゃなくて、バンドって憧れられないとだめだと思うんです。“あの曲、コピーしたいな”とか。僕がギターを始めた頃に聴いたバンドってみんなそうだし。バンドのスタイルって今たくさんあると思うんですけど、高校生とかがコピーしたいバンドって音でガツンと言わせられるバンドだと思うんですよ。だから、この曲はバンドの方向性やひとつのスタンスを示した曲ですね。

──ただ、これだけ自由なことをやっている曲なのに、メロディーがしっかりしている部分は惹かれました。

デュラン どんだけいろんなことをやっても、サビは絶対に聴かせたいんです。個人的なところでも、メロディーが良くないと嫌ですし。

──曲に込めたメッセージとしては、まさにタイトルそのまま?

野畑 そうですね。インパクトありありですよね(笑)。“今、決心して変わっていく”というテーマは決まってたんですけど、曲を聴いてまさにハマったという感じで歌詞も自然に出てきました。男気があって、攻めるということを意識しました。

──ちなみに前作「One day」は『ONE PIECE』の主題歌でかなりの反響があったと思うのですが、今作はそれに続く作品ということで何か意識した部分はありましたか?

デュラン それはあんまりないですね。まだ一枚しかリリースしてないし、バンドとしてジャンルとか音楽性とかなんでもできる時期だと思うんです。だから、ほんと意識せず作りました。もちろん「One day」は大事な曲ですし、そこからライヴに来てくれる人もいると思うので、The ROOTLESSはこういうバンドっていうのも観せないといけないというのはやっぱりあるので、そういう部分で意識した点と言うと、それはメロディーになるかなと思います。

──バンドとしてはどのような目標を持っていますか?

野畑 やっぱり武道館でライヴをしたいですね。

デュラン いや、アフリカの大陸で! 憧れますね~。

井原 飛び過ぎ(笑)。やっぱり武道館ですよね。僕たちが憧れてたアーティストも武道館でやってたりするので、自分たちもやっぱりやってみたい。フェスとかも。その先が…アフリカですかね(笑)。

取材:高木智史

記事提供元:


シェアしてアーティストの活動を応援しよう!

The ROOTLESSの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

  The ROOTLESS 新着ニュース・インタビュー

   

  新着ニュース