2014-10-03

THE PINBALLS、日本で一番カッコ良いアルバム(照)

 急成長を続ける硬派ロックンロールバンドがついに1stフルアルバムをリリース。四季を表現した多彩な12曲はサウンドのみならず、独特な言葉のセンスも聴きどころだ。

──今年1月に東名阪を回った、初めてのワンマンツアーはいかがでしたか?

古川 酸欠になって、気を失いそうになったんですよ。それが気持ち良かった(笑)。目がチカチカしました。

──ファンが増えてきたという実感もあったのでは?

中屋 そうですね。ようやくイメージしていたものに実際の活動が追い付いてきたのかな。

古川 これまでのファンを納得させつつ、新しい人たちにもアピールしていくのって難しいと思ってたんですけど、段々それができるという気持ちにはなってきました。っていうか、できなきゃたぶん消えちゃうんでしょうけど。でも、それが本当の戦いなんだっていうのが実感として分かってきました。このままお客さんがどんどん増えていったら嬉しいけど、その気持ちは持ち続けなきゃいけないんだと思います。

──“ガレージロック・リバイバル”と紹介されることが多いけど、THE PINBALLSならではの個性を打ち出している新作を聴いて、全然リバイバルじゃないと思いました。

古川 実はそういう見られ方と本質とのズレはちょっと感じていて。そういうふうに言ったほうがイメージとして分かりやすいとは思うんですけど、自分たちが本当にやりたいことは“ガレージロック・リバイバル”って言葉とはかい離している。意外に(新作の)「(baby I’m sorry)what you want」みたいなポップな曲もいっぱいできますし(笑)。

──新作もガレージロックに止まらない聴き応えがありますね。じゃあ、曲調がバラエティーに富んでいるのは意識したというよりも自然に?

古川 そうなんです。これまではむしろ抑えてきたところもあって、フルアルバムなら出しちゃってもいいかなって。いろいろな音楽が好きなんですよ。ただ、それをそのままやると、とっ散らかっちゃうから、自分らが一番自信がある曲調に寄せてはいたんですけど、今回はあの曲もこの曲もってワクワクしながら作ったので楽しかったです。

──曲作りはポンポンと?

古川 前作を作った時、全部出し切ってヘトヘトになってたので、最初はフルアルバムなんて絶対にできないと思ってましたけどね。そんな時、心が真っ白な状態でブリューゲルの画集を見てたら、『雪中の狩人』という絵にピンときて、「冬のハンター」という曲ができたんです。それをきっかけに、どんな曲でもいいから自分がいいと思う曲を作ろうと思ったんです。正直、今回の12曲はかなり勇気のいる選曲だったんですよ。メンバーにもあまり分かってもらえないかなと思ってたんですけど、うちのバンドはすごいもんで、全曲受け止めてくれたんです。バンドで合わせた時に“大丈夫だ、これはカッコ良い”と思えました。

──自信作になりましたね。

古川 日本で一番カッコ良いアルバムです(照)。ただ、自分でいいと思うものは説得してでも伝えていかなきゃいけないと思うんですよ。だから、“分かってもらえないなら、それでいいです”ってスタンスはもう辞めて、“分かってもらえるまで頑張ります”っていう気持ちでツアーを回ろうと思ってます。

中屋 好き勝手に作らせてもらった分、ライヴに来てくれる人たちには楽しんでいってもらわないと。そこは肝に銘じて、ツアーに臨みたいです。

取材:山口智男

元記事を読む

記事提供元:


シェアしてアーティストの活動を応援しよう!

THE PINBALLSの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

   

新着ニュース

アーティスト・楽曲・50音検索
  • a
  • ka
  • sa
  • ta
  • na
  • ha
  • ma
  • ya
  • ra
  • wa