バランスのとれた共存の仕組みで
君に触れることはもう出来ない
見えない鎖を断ち切るその時
過ち犯す覚悟を決めたけど

傷はいつか君を守る強さに変わるの?
刺さる様な人の目もかまわずに抱きあおう

近づいて、このままじゃ耐えられないのなら
その胸で押し殺す声をそっと聞かせて

傷はいつか君を探す目印に変わるの?
避けて通る人の波気にせずに抱きあおう

近づいて、このままじゃ君が見えないから
その胸であたためた言葉を口にして

気が遠くなりそうな道のりを目指すよ
霞んでいく君の影、確かめられるところへ


   FINALEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴